舞台芸術を学ぶ

受付中 演劇 自主企画

伊丹想流劇塾 第4期

締切/4月24日(金)22時必着

戯曲をまだ書いたことのない、そんなあなたも
伊丹想流劇塾で「あなただけの作品」を書きませんか。
関西演劇界を牽引する岩崎正裕とサリngROCKのもと
仲間と一緒に、唯一無二の作品を生み出そう!


「演劇は総合芸術」などと云う人もいるが、何だかお尻の辺りがゾワゾワして据わりが悪い。アーティストが主張しあいながら完成度を高めるイメージか。
悪いことではないが、これも度を越すと折り合いがつかずチグハグな舞台になってしまう。なので総合ではなく「集団芸術」と曖昧にしておきたい。集団である以上、目的を共有せねばならない。その中心にあるのが戯曲である。
戯曲に強度があれば、舞台に関わるそれぞれが原点に回帰し、イメージを膨らませることが出来る。では強度ある戯曲はどのように生まれるのか。まず量をこなして質を高める。熟練のタイル張り職人が、仕事する壁面を見て枚数の見当がつく如くである。本塾は、より高みを目指すための基礎トレーニングの場である。

                         岩崎正裕


劇塾4年目です。
劇塾は楽しいです。
作家は一人でやる作業(の場合が多い)ですが、この塾に来ると仲間が出来ます。
みんなが書くので、自分も書く気になります。
みんなが締め切りまでに書くので、自分も締め切りまでに書けます。
書く苦しみも、書く楽しみも話す相手ができます。
最後の卒塾公演では、自分の書いたものが目の前に出現します。
俳優さんがセリフを覚えて、演じてくれ、音楽や照明も工夫されて、書いた世界を「見る」ことができます。
それを見てくれるお客様もいます。
一人で書き続けるロマンもありますが、長い作家人生、一年ぐらいは大勢の人と関わりながら書いてもいいんじゃないですか。
とても珍しく素晴らしい体験になると思います!

サリngROCK


期間/2020年5月~2020年12月
【講義】5月~12月 原則的に月2回、隔週月曜日19:00~21:30(計15回)
※開講日・・・2020年5月25日(月)
【公演】12月26日(土)・27日(日)
※2020年10月以降の公演準備期間(改訂・稽古立ち合いなど)にも参加のこと。また、公演期間2020年12月24日(木)~27日(日)は終日参加が望ましい。
応募条件/男女、年齢問わず。
募集人数/10名程度
受講料/56,000円

【特待生】
条件/2年以上の継続的な活動実績があり、かつ、伊丹想流劇塾で、より一層の研鑽に励みたいという有志に対し、塾頭並びに師範が特に認めた場合に限り「特待生」として入塾を認める。
募集人数/若干名
受講料/30,000円(初回納入)

【学生・ユース】
条件/学生及び25歳以下の者で塾頭並びに師範がとくに認めた者に限る。
募集人数/若干名
受講料/36,000円(2回分納)

講師

塾頭/岩崎正裕(いわさき・まさひろ)
劇作家・演出家・劇団(コーダマーク)太陽族代表・アイホールディレクター。『レ・ボリューション』で第1回OMS戯曲賞佳作を、代表作『ここからは遠い国』で第4回OMS戯曲賞大賞を受賞。『それからの遠い国』が平成26年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞。ほかに大阪市咲くやこの花賞、兵庫県芸術奨励賞など受賞多数。

師範/
サリngROCK(さりんぐろっく)

劇作家・演出家・俳優。02年、劇団「突劇金魚」を旗揚げ。『愛情マニア』で第15回OMS戯曲賞大賞を、『金色カノジョに桃の虫』で第9回AAF戯曲賞優秀賞を受賞。『漏れて100年』と『少年はニワトリと夢を見る』で第57回・第62回岸田國士戯曲賞の最終候補に選出。2019年には『漏れて100年』がニューヨークのJAPAN SOCIETYでリーディング上演された。

名誉塾長/北村想(きたむら・そう)
劇作家・小説家。これまでの執筆戯曲は200曲をこえる。代表作に『寿歌』、『想稿・銀河鉄道の夜』など。『十一人の少年』で第28回岸田國士戯曲賞受賞。『グッドバイ』で第17回鶴屋南北戯曲賞を受賞。

申込方法・お問い合わせ

所定の応募用紙に必要事項を記入し、「身辺雑記」(1,200字程度/A4サイズで統一)と84円切手を貼った返信用封筒を同封の上、アイホールまで郵送。
★応募用紙はこちらから[Excel][PDF]

特待生・学生&ユースでの受講を希望する方は下記追加提出書類も合わせてお送りください。
【特待生】
①劇作の履歴がわかるプロフィール
②執筆作品が実際に上演されたことを証する公演チラシ(過去2年分)
③上演戯曲一篇(未上演作品は不可・清書済のもの)
④③の公演企画書(キャスト・スタッフを明記したもの。)
【学生・ユース】
学生証あるいは年齢を証明する書類のコピー

二次審査/2020年5月10日(日)午前
※塾頭・師範が選考。一次審査は書類、二次審査は面接による。
宛先/〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2丁目4番1号アイホール「伊丹想流劇塾」係