舞台芸術を見る

演劇 自主企画

おうちで『味わう舞台』
配信期間2020年5月20日(水)~6月30日(火)

配信期間/2020年5月20日(水)~6月30日(火)

<配信期間延長しました!>

伊丹の飲食店を会場に、美味しい料理とお芝居・ダンスをセットで楽しんでいただく、「地域とつくる舞台」シリーズ いたみ・まちなか劇場『味わう舞台』より、期間限定で2作品を無料配信いたします。

 

おうちでゆっくりご鑑賞ください。


配信作品

山本周五郎「糸車」(2018年)□会場:鮨 千寿

作/山本周五郎   演出・出演/林英世

数々の名作小説を朗読してきた「林英世 ひとり語り」。育ての親と実の親の狭間で悩む娘を主人公に、親子のつながり、家族とは何かを描いた山本周五郎の傑作時代小説。

 

『チンピラB』(2019年)□会場:MOGURA CAFE

作・演出・出演/隈本晃俊 

ローカルTV局の深夜ドラマ控室。ベテラン俳優の沼田は、若手俳優相手に演技論や武勇伝を語るもまったく響かない・・・ベテラン俳優の悲哀を描いた、隈本の実体験に基づく笑いと涙の一人芝居。


「地域とつくる舞台」シリーズ いたみ・まちなか劇場『味わう舞台』2018、2019クレジット

主催/公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市

企画製作/伊丹市立演劇ホール

協力/伊丹商店連合会、伊丹郷町商業会

助成/

文化庁文化芸術振興費補助金

(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)

独立行政法人日本芸術文化振興会

作・演出・出演等

山本周五郎「糸車」
演出・出演/
林英世(はやし・ひでよ)
大阪府岸和田市出身。マキノノゾミ主宰の「劇団M.O.P」を経て、さまざまな舞台や映画、テレビなどで精力的に活動。2001年よりライフワークとして、古今東西の名作を朗読する「林英世ひとり語り」を継続的に上演。NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』(2011)では出演のみならず「岸和田ことば指導」を担当。また、第35回吉川英治文学新人賞を受賞した和田竜『村上海賊の娘』の泉州弁監修も務めた。大阪芸術大学舞台芸術学科講師。〈主な出演作〉舞台『イフィゲーニエ』(清流劇場)、映画『パッチギ』、ドラマ『芋たこなんきん』、『純と愛』など多数。

『チンピラB』
作・演出・出演/
隈本晃俊(くまもと・あきとし)
未来探偵社代表。王子小劇場 佐藤佐吉演劇賞優秀主演男優賞受賞。数々の舞台・テレビ・映画などで活躍。舞台では未来探偵社公演(作・演出も手掛ける)他、客演多数。ドラマでは朝日放送『部長刑事シリーズ』、NHK『カーネーション』など。映画『柘榴坂の仇討』、Vシネマ『新・第三の極道Ⅱ』などに出演。