舞台芸術を学ぶ

よくある質問

折込情報

Twitter

演劇 自主企画

シニアのための「声に出して読む」

令和2年10月19日(月)~11月30日(月)

定員に達したため、受付終了しました

令和2年
10月19日(月)
11月2日(月)
11月16日(月)
11月30日(月)
各回10:30~12:30 ≪全4回≫


舞台や映画、テレビ、ドラマなど多方面で活躍する俳優の林英世さんによる朗読講座です。
発音・発声の基礎を学び、言葉や文章の持つ意味を理解し、読み込むことで声と表現は見違えるほど変わります。
あなたの声を通して、言葉や文章をより味わい深く表現しませんか。


会場/
アイホール カルチャールームA(2階)

対象・定員/
60歳以上 10名程度(先着順)

ー 新型コロナウイルス感染症予防対策について -
※受講生のみなさまにはフェイスシールドをお配りします。
※講座時の体温の確認、手指の消毒にご協力ください。
※常時サーキュレーターを回し、こまめに換気いたします。

受講料/
全4回一括納入:3,200円
※初回時納入。一旦納入した受講料は返金できません。ご了承ください。


企画/伊丹市立演劇ホール
主催/公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市市制80周年ロゴ
助成/

文化庁ロゴ文化庁文化芸術振興費補助金
(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

講師

林英世(はやし・ひでよ)
大阪府岸和田市出身。同志社大学の学生劇団を経て、マキノノゾミ主宰の「劇団M.O.P」に入団。さまざまな舞台や映画、テレビなどで精力的に活動。2001年よりライフワークとして、古今東西の名作を朗読する「林英世ひとり語り」を継続的に上演。NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』(2011)では出演のみならず、「岸和田ことば指導」を担当。また、第35回吉川栄治文学新人賞を受賞した和田竜『村上海賊の娘』の泉州弁監修も務めた。大阪芸術大学舞台芸術学科講師。
<主な出演作>舞台『イフィゲーニエ』(清流劇場)、映画『パッチギ』、ドラマ『芋たこなんきん』、『純と愛』など。

申込方法・お問い合わせ

アイホールにて 9月16日(水)10時より受付開始
 TEL:072-782-2000
 FAX:072-782-8880
 info@aihall.com
電話・ファックス・電子メールにてアイホールまで、「お名前(ふりがな)・電話番号・年齢・受講日」を添えてお申込みください。
※メールの場合は、件名を「声に出して読む」としてください。