舞台芸術を見る

協力公演 演劇

Pカンパニー 第24回公演 ~シリーズ罪と罰 CASE3~ 『白い花を隠す』

平成30年9月7日(金)~8日(土)

チケット発売中

  

平成30年
9月7日(金) 19:00
9月8日(土) 14:00
※受付開始/開演の45分前
※開場/開演の30分前

2017年度の読売演劇大賞優秀演出賞を受賞、初演時に大きな反響を得た社会派劇、早くも再演。
2001年に起こったNHK番組改編事件を元に描いた組織と、ある家族の物語。

あらすじ 

小さなドキュメンタリー制作会社に、あるテレビ番組の企画が持ち込まれた。番組のテーマは「女性国際戦犯法廷」。旧日本軍による「慰安婦」制度を裁く民衆法廷だ。スタッフたちは、長く語られることのなかった歴史の真実を伝えようと番組製作に取りかかるが、テレビ局側から異例の指示が相次ぎ、番組の改ざんを迫られる。崩壊していく組織のなかでディレクターが見たもの、それは真実の追求と、隠蔽のせめぎ合いで生まれる渦だった。


Pカンパニーとは

劇団・木山事務所に所属していた俳優・スタッフが中心となり、2008年に設立された演劇制作会社。別役実の作品を中心に、福田善之・松田正隆等の旧作・新作を上演している。「小さな演劇」の演劇的文化の可能性を探りながら、常に世界と時代とを見据えた演劇創りを念頭に、混迷した演劇界に、小さくとも輝きのある一石を投じている。「P」はplay・produce・professional・prime・popularなど所属メンバーがそれぞれに描く「P」の集合を表している。

「シリーズ罪と罰」とは

死刑・司法・冤罪・隠蔽など、人間が犯す罪とその贖罪や、人が人を裁くことの葛藤を通して、生命の価値、尊さについて様々な視点から問うシリーズ。演劇としての魅力にあふれた芸術性と現代に問題提起をする社会性の両立を目指した作品作りをしている。


チケット/ 前売・当日共
一般 4,000円
シニア割(65歳以上)・学生割 3,000円
【全席自由】
※未就学児入場不可
※シニア割・学生割をご購入の方は、観劇日当日、年齢を確認できるもの、学生証をご持参ください

作・演出・出演等

作/石原燃

演出/小笠原響

出演/
内田龍磨
水野ゆふ
円城寺あや(浅井企画 )
林次樹
福井裕子(演劇集団円)
大崎由利子(フリー)
荻野貴継(フリー)
一川靖司
吉岡健二
須藤沙耶
五十嵐弘
山田健太
秋田遥香

申込方法・お問い合わせ

チケット予約/
Confetti
 http://confetti-web.com/shiroihana
 TEL:0120-240-540(平日10:00~18:00)
Pカンパニー
 TEL:03-6808-5306(平日10:00~18:00)
 http://p-company.la.coocan.jp/