舞台芸術を見る

よくある質問

折込情報

Twitter

主催 受付中 演劇 音楽

「地域とつくる舞台」シリーズ
「伊丹の物語」プロジェクト リーディング公演
『ビューティフル・サンデー』

令和4年12月24日(土)~25日(日)

チケット発売中

  

令和4年
12月24日(土)15:00
12月25日(日)15:00
※受付開始・整理番号配布は開演の45分前。開場は開演の30分前。


【お知らせ】
\ 稽古場見学開催いたします /

・11月28日(月)
・12月2日(金)
・12月5日(月)
・12月9日(金)

上記の日程19:00~22:00で、稽古場見学を開催します。
会場:アイホール イベントホールまたはカルチャールームB

事前予約制(先着順)、各回5名まで。
お申込みの際に、お名前とご連絡先(お電話番号またはメールアドレス)をお知らせください。
※受付〆切は各稽古日の前日22時まで。

▷お申込み・お問合せはアイホール(TEL:072-782-2000または Mail:info@aihall.com)へ

※感染症拡大防止のため、見学中はマスクをご着用ください。
※ご見学の方はアンケートにご協力ください。
※途中退室可能ですが、頻繁な出入りはご遠慮ください。


今回アイホールでは、伊丹での出来事や思い出を市民から聞き取り、新しい「伊丹の物語」を創作しました。
作家・出演者は伊丹市出身の劇作家・俳優やアイホールの事業・講座の出身者など、伊丹にゆかりのあるメンバーたちばかり。
写真やギター・ウクレレの生演奏とともに、過去から現在まで様々な伊丹の魅力を掘り起こしたリーディング公演にどうぞご期待ください。

***

 今まで伊丹の子どもたちや市民の方たちとワークショップや戯曲講座で交流を続けてきました。子どもたちは演劇体験を学業や生活そのものに活かし、市民の方たちも舞台芸術を享受し、生きる糧にしておられます。そして出会った子どもたちの何人かは成長し、文化の担い手となり伊丹を支えようとしています。この度、外部から特別にプロの方を呼び寄せることなく、伊丹を文化の土壌として育った方たちと一緒に「伊丹の物語」をつくることになりました。これはいわゆる、伊丹市民による伊丹市民のための創作劇ということになります。さまざまな地域に類似した市民劇はあると思われますが、長年、アイホールが育んできた専門性によって、一風変わった町の原風景が浮かび上がればいいなと思っています。

小原延之

***

★観劇サポートのご案内★
舞台の進行に合わせた手話通訳者による同時手話通訳を実施します。
手話通訳:立石富士子、吉田眞美(NPO法人MAMIEスタッフ兼手話通訳者)
また、上演台本の貸出等も対応いたします。詳細は劇場までお問い合わせください。

[上演予定時間]
120分(10分間の休憩込)


■料金/
前売 2,200円
当日 2,500円

※マスクの着用、検温、手指消毒にご協力ください。
※チケット購入にあたり、必ず個人情報(氏名・連絡先)をお知らせください。
※車いすでご来場のお客様は、ご予約の際にその旨お伝えください。


― 新型コロナウイルス感染症拡大防止策について ―

■来館時に検温を実施します。当日も、発熱、せき、咽頭痛など風邪に似た症状がある場合はご観劇いただけません。
■館内に手指消毒薬を設置しています。こまめに手指の消毒をお願いします。
■ホール内は常に換気を行います。


主催/公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
企画製作/伊丹市立演劇ホール
助成/

作・演出・出演等

構成・演出/小原延之

音楽・演奏/おがわてつや

作/
中村ケンシ(空の驛舎)
石﨑麻実(かしこしばい)
布浦真(自分史の会)
ほっぴぃ(自分史の会)
山中晴彦(自分史の会)
わたなべみさこ(自分史の会)

出演/
井上多真美(にほひ)
井田紋乃
稲山雅也
植村美咲(劇団五期会)
オノ
藤原佳奈
町田康典
米沢千草(エイチエムピー・シアターカンパニー)
朗読赤とんぼ(加藤八重子、蔵川裕子、渕律子、渡辺美左子)

チケット取扱・お問い合わせ

■チケット取扱
アイホール
窓口販売・電話予約
 TEL:072-782-2000(9:00~22:00、火曜休館)
オンライン予約(カルテット・オンライン)
 予約フォーム

■お問い合わせ/
アイホール
 TEL:072-782-2000(9:00~22:00、火曜休館)
 Mail:info@aihall.com